研究会案内


 東アジア恠異学会第126回定例研究会
 日時:2020年1月26日(日)13時〜
 場所:大東文化会館K-404教室(東京開催)

○「『人を神に祀る風習』再考—東アジアの視点から—」
 ー井上智勝氏(埼玉大学教授)

【要旨】

横死者が祟って神になる。かかる「人を神に祀る風習」は、柳田國男以来の研究蓄積を持ち、 日本史や日本文化研究において近年なお盛んである。それらの議論は日本に自閉する傾向があるが、 むしろ「人を神に祀る風習」は東アジア諸国においてこそ顕著に認められる。 本報告は、東アジア諸国(中華・越南・朝鮮)の「人を神に祀る風習」を日本との対比の中で検討することで、 かかる習俗は東アジアに共有される文化基盤の中で考察される必要があることを提示する。


○「日文研新所蔵妖怪絵巻をめぐって」
 ー木場貴俊氏(国際日本文化研究センター研究員)

【要旨】

国際日本文化研究センター(日文研)では、2018年に新しい「妖怪」に関する絵巻『妖怪四季風俗絵巻』 『諸国妖怪図巻』を収蔵した。この二巻については、『怪と幽』vol.003で概要を既報しているが、本報告 では二巻の絵巻、特に『諸国妖怪図巻』について現時点で判明していることを述べ、今後の絵巻研究の 手がかりとしたい。




*当会は学術団体ですが、参加資格・制限は特に設けておりません。
当会にご興味のある方は直接研究会においでいただくか、事務局にお問い合わせください。


トップページ

研究会案内

研究会報告

刊行書籍案内

おすすめ書籍案内

怪異学用語集

掲示板


恠異学会のツイートはこちら
学会のお知らせなどを、
時々つぶやいています https://twitter.com/kaiigakkai

恠異学会のメールアドレスはこちら
info☆kaiigakkai.jp
(☆を@に直してお送りください)